おまとめローンの情報サイト

490円〜のワンコイン仮想サーバー




2012年07月16日

富士フイルム、MotorolaをAndroid端末による特許侵害で提訴

Appleとの特許訴訟がようやく終了するGoogle傘下のMotorola Mobilityを、今度は富士フイルムが提訴したみたいです。
富士フイルムは7月10日(現地時間)、米Google傘下のMotorola MobilityがAndroid搭載端末で富士フイルムの4件の特許を侵害しているとして提訴した。米PCWorldが14日に伝えた。

公開された訴状によると、富士フイルムは2011年4月にMotorolaに対して文書によって通知し、両社による特許侵害に関する会合も持ったが、Motorolaが特許侵害を継続したため提訴に踏み切ったという。

侵害されたとする特許は、以下の4件だ。

・画像圧縮技術に関する特許(米特許番号:6144763)
・端末間のデータ伝送に関する特許(米特許番号:6915119)
・顔検出を含む写真技術に関する特許(米特許番号:7327886)
・高精細画像をファインダーで低解像度で表示するための画像処理技術に関する特許(米特許番号:5734427)

富士フイルムは、これらの特許をMotorolaのDROID X、RAZR、XOOMなどを含む20機種以上が侵害しているとして賠償を求めている。米カリフォルニア州サンノゼのカリフォルニア北部地区米連邦地裁で起こされたこの裁判の訴訟番号は12-03587。

各社が訴訟合戦を繰り返していますが、これは宣伝効果を狙ってとの味方もあります。

訴訟費用の方が広告費用よりも安くつくのでしょうか?

ご安心ください。
騙されたお金は取り戻す事が出来ます!


posted by Android at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。