おまとめローンの情報サイト

490円〜のワンコイン仮想サーバー




2009年05月30日

Android 1.5 での Maps API Keyの取得について

AndroidではGoogle Map系のアプリケーションを作成する際に

 ・Android Maps API Key

と言う物を取得して使用する必要があります。

取得方法の全体的な話については「日本Androidの会」の下記ページを参照してください。

 ・勉強会/MapsAPIKey - 日本Androidの会(日本アンドロイドの会)

ここでは、Android のバージョンが 1.5 に上がったことによる差分の内容について記述します。
差分の内容についてですが、「デバッグ用の証明証(debug.keysore)」の格納ディレクトリが変更になっていることが上げられます。

日本Android友の会の該当ページには

Windows XP = C:\Documents and Settings\\LocalSettings\Application Data\Android\debug.keystore
Windows Vista = C:\Users\\AppData\Local\Android\debug.keystore


と記載されていますが、Android SDK 1.5では上記に記載された「デバッグ用証明書」を使用しても作成したアプリケーションは上手く動作しませんでした。

私はAndroid 1.1をインストールしたマシンに対し Android SDK 1.5をアップデートしましたが、これが始めてのインストールである場合、上記のディレクトリは存在しないのかもしれません。

それでは、Android 1.5 ではどこに「デバッグ用証明書」が格納されているかと言えば、Windows XPに限ってですが以下のディレクトリに格納されています。

Windows XP = C:\Documents and Settings\\.android\debug.keystore
Windows Vista = C:\Users\%USERNAME%\.android\debug.keystore


皆さんもAndroid 1.5へバージョンアップし、その後 Map系の自作アプリが上手く動作しなくなった(Mapが表示されなくなった)場合には、このあたりの見直しをまずされることをお勧めします。
タグ:android map
posted by Android at 15:02 | Comment(0) | Google Map | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。